レーシックの種類

レーシックと一口に言っても、それは「角膜を削って視力矯正をする手術全般」を指しているだけで、実はその中に更にいくつかの術式があることをご存知でしょうか。

 

この種類によっては受けられる人も変わってきますし、特定の目的がある場合にはより適した術式を選ぶということができます。

 

術式は大体以下のとおりです。

主な術式

レーシック(ケラトーム)

マイクロケラトームというカンナのような器具でフラップを作成する、最も初歩的なレーシック手術です。
角膜を削るのにはレーザーを使用しますが、ケラトームでフラップを作る作業は執刀医が行うため、これ以降に開発された術式よりは安全性は劣るといえます。

 

イントラレーシック

マイクロケラトームを使うレーシックよりも安全性が高いです。
フラップを作るのにもレーザーを使用しますので精度が高く、マイクロケラトームに比べて薄いフラップを作れるようになったのです。

 

エピレーシック

フラップを角膜上皮のみで作るタイプのレーシックです。
角膜上皮を使って作ったフラップは、術後、代謝によって自然となくなります。
そのおかげで、後になってフラップがズレるというリスクを負わないで済むため、激しい動きをしなければいけないスポーツ選手などが利用しています。

 

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントアナライザーという最新の高精度精密機器を用いて、目の状態を解析し手術内容を自動計算します。
そしてそのデータを元にコンピューター制御の精確な手術を行うものです。
またこの技術を用いることで、乱視の矯正もある程度可能になっています。