レーシック手術のリスクって?!

レーシック手術は安全性も高く、狙った視力を得られることでとても多くの人に喜ばれていますが、絶対に安全で何も不都合が生じることがないかというとそうではありません。

 

やはり外科手術ですので、失敗とは言わないまでも、ある一定のリスクというものはあります。これらは手術の前にある程度知識として持っておいたほうが良いでしょう。

 

ハログレア

 

例えば、ハロ(ハロー)・グレア現象と呼ばれるものがあります。これは手術時に作ったフラップが定着するまでの期間にみられることのある合併症です。

 

ハロ現象は、光の輪郭がぼやけて見えたり、もやがかかっているような、霞んでいるような状態に見えるもので、グレア現象は通常よりも眩しさを強く感じる症状です。

 

これらは、視力が安定するまでの一定期間にのみみられるものですので、長くても3ヶ月経つ間に完治するのだそうです。割合としては、手術を受けた人のうち約半数が訴えるということです。それから、完治までの期間は人によりけりです。

その他

ドライアイ

 

他にドライアイが挙げられるでしょう。
角膜上皮には、目の表面の乾きを感知する神経があります。ここで「目の表面が乾いてきた」と感じることで、自然と涙が分泌され、目の潤いを保つようにできています。

 

しかし、その神経が、フラップ作成のため寸断されてしまいます。手術後、フラップが定着すると再びこの神経が通いますので、涙の分泌が始まりますがそれまでは、涙の流量が減ることで目の乾きをいつもより感じるでしょう。

 

そのためクリニックでは、保湿のための目薬を処方してくれるはずですので、それを定期的に差すと良いです。

 

感染症

 

また、医療機関の衛生管理が行き届いていないと、その他の感染症に罹ることもあります。目に細菌が入ってしまうことが原因です。

 

しっかりと衛生管理を行っていれば、このような事態は、ほとんど発生しませんが、実際に以前管理を怠った眼科で10%を超える患者が感染症を訴えたという被害がありました。

 

清潔で、感染症症例数の少ないクリニックを選ぶように心がけましょう。