レーシック手術の効果

レーシックが開発される前にはPRK手術という手術が、視力矯正手術のひとつの方法でした。しかし、これは今のレーシックに比べればあまり知られていないのではないかと思います。

 

レーシックは一番最初のマイクロケラトームレーシックの時点でもかなり画期的で、世界中に衝撃を与えましたがその後もレーザー技術革新に伴って安全性と精度をより高め視力矯正という分野そのものにスポットを当てるキッカケになりました。

 

さて、このレーシックが、どの程度視力を回復してくれるのか、という点については、特に視力の弱い方にとって気になっていることなのではないかと思われます。

具体的には?

とある眼科による検証ですと、大体以下のような割合で視力回復できるそうです。元の近視度と、手術後に視力が1.0以上まで回復する割合との関係を示しています。

 

  • 軽度の近視の場合 99%以上
  • 中度の近視の場合 97〜98%
  • 強度の近視の場合 約93%
  • 最強度の近視の場合 約75%

だそうです。

 

これはあくまで、「矯正後視力1.0以上」になる割合であって、「矯正後視力0.7以上」ということになりますと、全体でほぼ100%可能なのです。最強度の近視の方でも、0.7以上の視力回復が見込めるということはとても画期的ですね。

 

たとえば自動車運転普通免許の取得や更新には、0.7の視力は必要なわけですから、それを裸眼でクリアできるレベルということになります。