アイレーシックの特徴

アイレーシックとは、アメリカのアボットグループによる設備を使用したレーシックのことを言います。イントラレーシックの手法の1つであり、アボットグループのイントラレーザー、エキシマレーザー、スキャナーを使用することによりアイレーシックと呼ばれます。

 

イントラレーザーは角膜をはがしフラップを作成します。そしてエキシマレーザーで屈折異常を矯正し、スキャナーで一人一人の目の形状を測定します。

 

他のレーシックの方法では使用しない、スキャナーを使用するのがアイレーシックの最大の特徴と言えるでしょう。そのことにより一人一人の目の形状に合わせたカスタムメイドのレーシックと呼ばれています。

アイレーシックのメリット

アイレーシックのメリットは2つあります。

 

1つ目は合併症が起きにくいことです。

 

アイレーシックが登場する前は、マイクロケラトームを使用してフラップを作成していました。マイクロケラトームは金属のブレードで削っていたので、切断面がギザギザになり、ひどい合併症を引き起こしてしまうこともあったのです。

 

しかし、アイレーシックでのフラップの作成ではイントラレーザーというレーザーを使用します。レーザーで削ると切断面がきれいになるので合併症が起きにくくなりました。

 

2つ目は見え方の質がいいということです。

 

アイレーシックは、スキャナーで目や角膜の形状を精密に計測し、その結果に沿って照射を行います。

 

照射のときもコンピューターによって動きが制御されているので、より正確な照射がなされているのです。それゆえに唯一のカスタムメイドなレーシックと呼ばれますが、それによりきれいでクリアな見え方が実現されるのです。

アイレーシックのデメリット

アイレーシックのデメリットと言えば料金が高いことでしょう。より正確にオーダーメイドなレーシックを行ってくれるので安心とは言えますが、その分金額がどうしても高くなってしまうのです。

 

初めてアイレーシックを導入した神戸クリニックで35万円、レーシック症例実績数が日本一の品川近視クリニックでも15万円はかかります。保障なども合わせて比較しながらクリニックを検討してみると良いでしょう。