レーシック手術を受けられる条件

レーシックの手術には、いくつかの条件があります。まず大きな前提として、18歳未満の方は受けられません。18歳以上だとしても、未成年であれば保護者の同意が必要となります。

 

それ以外には、手術の前の適性検査で不合格ですともちろんこれも手術を受けられない結果となります。この適性検査では角膜の厚みや、眼病の有無などを調べます。

 

レーシックは、角膜をレーザーで削るという術式で、生まれつき角膜の厚みが不十分な方は予後に深刻な合併症の恐れがあるため手術が受けられません。

 

例えば、角膜に一定以上の厚みがあってレーシックを受けた後に、合併症としてドライアイや、暗がりでの明るいものの見え方に異常が見られるような場合があるとしても、これらは一時的なものですし、ほとんどの人にはそのような合併症すら起こりません。

治療が難しい場合

しかし、角膜が元々薄い方がレーシックを受けて、角膜を更に薄くしてしまうと眼球の圧力に対して角膜が耐えられなくなり、角膜変形を起こしてしまう原因になります。
この角膜の変形するタイプの合併症は、視力の矯正とは別の問題に発展してしまい見え方にも問題が出てきますし、治療も難しいです。

 

そのため、角膜の厚さが、レーシック手術後にもちゃんと眼球の圧力に耐えられるのかどうかということは、事前の検査でとても重要な項目になります。この条件をクリアできない場合はレーシックは受けられません。

 

術式によって、必要な厚みは違うので、比較的薄い角膜の人でも受けられるレーシックというものはあります。そちらを当たってみるのは良いと思います。

 

また、角膜や水晶体に異常が出るタイプの眼病を引き起こしている場合には、レーシックは受けられません。白内障・緑内障などがそれに含まれます。網膜はく離などがある場合には、網膜はく離の治療が優先されます。

 

妊娠中であったり、授乳中であったりしても受けられないとしているクリニックがほとんどです。

 

また、アレルギー性結膜炎や、アトピー性皮膚炎など目・結膜・目の周囲の皮膚などに影響の出る疾患をお持ちで、現在症状がきついという場合にも最低でも時期をずらすように言われたりはするでしょう。

 

この場合には、担当医師とよく相談してください。